前へ
次へ

インターナショナルスクールはどんなところか

インターナショナルスクールというのは日本においては実は法律上の定義や規定というのが無かったりします。

more

インターナショナルスクールについて

我が国におけるインターナショナルスクールとは、元来は日本に住んでいる外国籍の子供を対象として、主に英

more

注目すべきインターナショナルスクール

やはり今は、インターナショナルスクールに注目が集まっているので、興味がある人はチェックしてみると良い

more

インターナショナルスクールとプリスクール

プリスクールは、保育を英語でおこなう保育園や幼稚園のことです。
日本人の保育士と英語のネイティブ講師がペアとなって保育を担当するスタイルで、細かい指導内容はそれぞれのスクールによって変わります。
例えばオール・イングリッシュというスタイルでは、保育のすべてが英語でおこなわれます。
バイリンガルというスタイルは、日本語保育の時間も設けられています。
そして比較的新しいのが、日本語保育から英語保育へ移行するスタイルです。
年齢が上がるにつれて徐々に英語保育の比重が重くなり、最終的には英語のみの保育となります。
近年では一般的な幼稚園や保育園でもネイティブの講師を招いて、英語で歌やダンスを楽しむスタイルが増えて来ました。
こちらの目的は、子供たちが小学校の英語教育を受ける前に、英語は楽しいものだと感じてもらうことです。
これに対してプリスクールの目的はあくまでも実践的な英語教育であり、卒園後も英語力を保つために卒園生向けのレッスンを開催しているところも多いです。
また、インターナショナルスクールに通わせる親が多く、インターナショナルスクールへ入学する準備としてプリスクールを選択する親も少なくありません。
いずれにしても、子供の進む道を考えたうえでプリスクールを選ぶことが大切でしょう。

Page Top